2020年07月31日

耳で聞いて、心で感じる物語

らいおん組の朝の会では毎日一つ『素話』をしています。

保育者が話す物語を耳で聞くという読み聞かせのひとつです。

お話の最後には
「登場人物が何をしたか?」
「どんな気持ちだったのか?」
「どんな出来事だったか?」
などのクイズをしています。

素話を始めたころは
「絵が見たーい︎!」と言ったり、
「何で絵本じゃないの?」と
不思議そうな子ども達でしたが
毎日お話を読んでいるうちに集中して聞けるようになり
クイズにもたくさん答えられるようになってきましたわーい(嬉しい顔)

「絵本を見る」だけでなく「物語を聞く」ことで
子ども達の想像力や集中力を高めていきたいと
思います。
posted by アンパス at 10:42| Comment(0) | 日記